忍者ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302019 / 12 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



妊娠中の腰痛対策とは?


妊娠中に腰痛の症状が出る妊婦さんは大変多くなっています。


これは出産の際に赤ちゃんが通りやすいよう産道を確保するために「リラキシン」というホルモンが大量に分泌されるために起こると考えられています。


リラキシンには関節や靱帯を緩める働きがあり、妊娠と同時に体は出産に向けて準備を始めます。


関節や靱帯が緩むとお腹を支える筋肉の負担が大きくなり、腰痛を起こしやすくなるというわけです。


それでなくても、ドンドン大きくなってそれも前に前にと突き出していくお腹のために、体のバランスはいつもとは全く違ってきます。


人間が四速歩行をしていた時代には、それでもさほど自然に反した展開ではなかったのかもしれませんが、二足歩行で歩く動物にとっては現在の妊娠の過程は極めて不自然なものなのです。


腰痛が起こらないほうが不思議なくらいです。
進化しすぎるというのも困ったものですね。


さて、そうはいっても痛いものは痛いので、それでは一体どうしたらこの腰痛を何とかできるの?? ということですよね。


ズバリ、最善の策があるのです。
それは、「妊娠前に」筋肉を鍛えておくことです!!


「間に合わないよ!!」という声が聞こえてきそうですね。
そうなんです。
妊娠中の腰痛は、妊娠してしまってからではどうにもできないのです。


妊婦さんが筋肉を鍛えることを目的とした激しい運動をするなんて言語道断です。
筋肉を鍛えるどころか、緩んだ関節や靱帯を痛めてしまうことも考えられます。


ですので、もし妊娠中に腰痛になってしまったら、騙し騙し出産まで漕ぎつけるしかありません。


「妊娠前」が大切なのです。
腰痛対策のためにも、また健康のためにも、妊娠していない状態でしっかりと体を動かして、腰痛に負けない体を作りましょう。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字










お名前
アドレス

[ 閉じる ]