忍者ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302019 / 12 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



腰痛ベルトは腰痛防止にいい


森上鍼灸整骨院では「コルセットミュージアム」を通して、鍼灸院や整骨院、医療の現場で使われる腰痛ベルトを販売しています。


腰痛の原因、発生部位、回復度などによって様々な種類のベルトがあり、状況によって使い分けることで高い防止効果を発揮します。


森上鍼灸整骨院では来院することで全てのベルトが試着可能なので、防止効果や装着感に不安のある方は、試着することで自分に一番合った商品を選ぶことができます。


回復度の分類は以下の通りです。


●急性期 急な動作、咳、クシャミで腰痛が悪化する方
●回復期 無理をする、夕方付近で腰痛が悪化する方
●維持期 朝起きるときや、季節の変化で腰痛が悪化する方


また、固定の度合いは次の通りです。


●重度固定 固定:動きやすさ=80:20 固定して、腰を治す安静固定型
●中度固定 固定:動きやすさ=50:50 腰の動きを取り戻すリハビリ型
●軽度固定 固定:動きやすさ=20:80 筋肉の柔らかさを保つ予防型


スポーツ、ぎっくり腰、ヘルニア、デスクワーク、骨の変形など、腰痛を引き起こす原因には様々なものがあります。


コルセットミュージアムのベルトは、その原因一つ一つに対応し、高い効果を上げるために開発された商品です。


中でも効果的が期待できるのは、神経症状のない椎間板変性です。


ほとんどの腰痛は、椎間板変性が原因であるといっても過言ではありません。
人間の椎間板はほとんどが水分ですが、20歳を境に椎間板の水分は低下し、変形が進みます。


整体では「骨の間隔が狭くなる」と表現しますが、脊椎外科の医師によっては「椎間板は変性することで背骨を安定させる」と言う人もいますので、変形すること自体は特に心配することではありません。


但し、これが痛みを生むことがあり、その場合には腰痛ベルトの着用が有効になります。
ベルトを着用することで腹筋が弱くなることはありませんし、癖になることもありません。
自分の症状にあったものを選んで、効果的に腰痛を防止・解決してください。


腰痛ベルトは腰痛防止にいいでした。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字










お名前
アドレス

[ 閉じる ]