忍者ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302019 / 12 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




腰痛体操のやり方いろいろ


ここで、椅子に座ったままできる、簡単な腰痛体操のやり方をいくつか紹介したいと思います。


この体操は椅子に座った姿勢で、3分程度でできるので、ちょっとした仕事の合間を利用することもでき、日常的な腰痛対策に最適といえます。


腰痛体操のやり方をマスターして、腰痛対策、またリフレッシュにぜひ役立ててみてください。


●腰痛体操 その1


1 椅子に浅く腰掛け、右の膝を伸ばす。
2 伸ばした足に両手を添わせ、ゆっくりと上体を前に倒す。
  太ももの裏に痛みを感じる直前まで倒し、そのまま30秒キープする。
3 左の足も同様にストレッチする。


●腰痛体操 その2


1 椅子に浅く腰掛け、片方の膝に反対の足のかかとを乗せる。
2 床についているほうの足の膝を両手でつかみ、上体をゆっくりと前に倒す。
3 お尻周辺の筋が伸びていることを感じたら、そのまま30秒キープする。
4 反対側も同様にストレッチする。


●腰痛体操 その3


1 椅子に座り、両足を肩幅より少し狭いくらいに広げる。
2 左手を右足の外側にあて、引き寄せるようにして上体を右にひねる。
3 腰周りが伸びているように感じたら、そのまま30秒キープする。
4 反対側も同様にストレッチする。


※どの体操も痛みを感じたら無理をせず、できる範囲でストレッチしてください。
やりすぎると、筋肉や関節を痛めてしまうことがあります。


3種類の体操を紹介しましたが、どのやり方も短時間ででき、ストレッチが中心なので体力もさほど必要ないため、日常的に続けやすいタイプのものです。


日頃の運動不足解消と腰痛予防・対策に、ぜひ試してみてください。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字










お名前
アドレス

[ 閉じる ]