忍者ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302019 / 12 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



関節には普段とは違う負担がかかる


妊娠はしたけれど、まだ初期の段階でお腹が大きくなっているわけでもないのに、ナゼか腰痛が……。


こういう妊婦さんは意外に多いものです。
つわりと共に、妊娠初期の妊婦さんの頭を悩ませる代表格といってもいいかもしれません。


妊娠初期の腰痛は、ホルモンバランスの変化によって起こると言われています。


妊娠中には、関節を緩める働きのある「リラキシン」というホルモンが大量に分泌されます。


通常の状態では、産道は狭すぎて赤ちゃんが通ることはできません。
そのため、妊娠すると体はリラキシンを多量に分泌し、骨盤周辺の骨の関節やじん帯を緩めて出産の際に産道が開きやすくなるよう準備を始めるわけです。


しかし緩くなった分、筋肉や靱帯、関節には普段とは違う負担がかかることになります。
それが妊娠初期の腰痛を引き起こすのです。


そういうことですから、これはもう治療のしようがありません。
とはいえ、出産までただひたすらに痛みに耐えるというのも辛いものです。


ではどうしたら良いのか?
根本的な解決にはなりませんし、人によって効果は様々ですが、できることもいくつかあります。


一つは、温めること。
冷えは妊娠中の腰痛の大敵です。
お風呂などにゆっくりと浸かる、ホッカイロを貼るなど、意識して腰を温めるようにしましょう。


もう一つは、腹帯や腰痛ベルトを着用すること。
緩んだ関節を支えるために筋肉に負担がかかることが、妊娠初期の腰痛の主な原因ですから、ベルトなどで重いお腹を支えることで筋肉の負担を軽減すれば、腰への負担はかなり和らぎます。


但し、妊娠週数や妊娠の状態によっては、ベルトの着用が悪影響を及ぼす場合もありますので、必ず医師に相談の上、使用するようにしてください。


腰痛対策 関節には普段とは違う負担がかかる!でした。

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字










お名前
アドレス

[ 閉じる ]