忍者ブログ
2019 / 11
≪ 2019 / 10 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302019 / 12 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



腰痛の予防に筋肉トレーニングは無駄?


腰痛を防止するために筋肉のトレーニングをしようと思うけど、実際どの筋肉を鍛えると腰痛に一番効果があるの??


ずばり「腹筋」です。


ちょっと以外ですよね。
背骨側の背筋を鍛えた方が効果を得やすいようなイメージがありますが、そうではなく、実は腹筋が上半身を支えるために重要な筋肉なんだそうです。


これは腹筋と背筋の筋肉量に違いがあるためで、背筋に比べ量の多い腹筋のほうが、普段背骨を支えるために頑張っているのです。


ですので背筋よりも腹筋を重点的に鍛えた方が、より腰痛予防の効果があるというわけです。


但し筋力トレーニングといっても急に激しい運動を始めるのはよくありません。
十分に鍛えられていない筋肉に急激な負荷がかかると、それが原因で激しい腰痛を起してしまうことがあるからです。


正しいトレーニング方法を知り、毎日無理なく続けることが、結果的に腰痛予防の近道となるのです。


そこでここでは、正しい腹筋のトレーニング方法を紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。


●下腹を鍛える
①仰向けになり、手をお尻の横に置いて両足を揃える
②足を5cm上げ、そのまま15秒キープする
③足を下ろし、深呼吸をする


●上腹を鍛える
①仰向けになり、頭の後ろで手を組んで、ひざを90度に曲げる
②腹筋の要領で上半身を上げる(完全に起さずに腹筋が硬くなるところで止める)
③上半身をゆっくりと下ろし、深呼吸をする


●中腹を鍛える
①仰向けになり、ひざを90度に曲げて手のひらを太ももの上に置く
②腹筋の要領で上半身を上げ、手のひらをひざまで滑らせる
③上半身をゆっくりと下ろし、深呼吸をする


腰痛の予防に筋肉トレーニングは無駄?でした。
そんなところで、また次回の腰痛ブログで会いしましょう^^

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字










お名前
アドレス

[ 閉じる ]